上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
CFbanner01.jpg
100%達成御礼!■クラウドファンディング限定「直筆サイン入りジャケットカード」プレゼント!
更に★150%達成で→<完全新録アコースティック音源をプレゼント!>


少し間があいてしまいましたが、前回に続いて、CD制作費用を掘り下げてみます。

前回費用がかかる項目を
(1)リハーサルスタジオ費用
(2)プリプロダクション(プリプロ)費用
(3)レコーディングスタジオ費用
(4)レコーディングエンジニア費用(REC、MIX)
(5)マスタリング費用
(6)プレス費用
(7)ジャケット制作費用
(8)著作権使用料
として分類してみました。

今回はまさに中心のレコーディング&ミックスについて書いてみたいと思います。

まず、レコーディングとミックスの関係について。
これはやっている人は良く理解しているのですが、リスナーの方にはわかりづらい項目となっているみたいです。
とくにミックスというのが具体的にどんな作業でどういう効果があるのかというのが、なかなかわかりづらいみたいです。

レコーディングはまさに文字通りで、録音することです。
演奏者が演奏した音を、マイクを立てたりして、メディアに録音することです。

現在はマルチトラックレコーディングといって、いくつかのトラックにわけて別々に音を録音するのが基本です。
演奏自体は一緒に演奏(一発録り)したり、各楽器をバラバラにとっていったりとあるのですが、一緒に演奏する場合も各楽器は別のトラックに録音します。ドラムなんかは各パーツごとに別々のトラックに録音します。
そうすることによって、後ほどのミックスの工程で加工がしやすくなるからです。

ミックスは、そのとった音を「混ぜて」、一つの曲にする作業です。
バランスよく混ぜるという意味では、ライブハウスのPAさん(音響さん)と似てるともいえますが、ライブはリアルタイムで行っているのにたいして、スタジオにおけるミックスはリアルタイムではないので、ものすごく細かいところまで気を使いますし、音をより大きく加工して、よい作品になるように様々な工夫をしていきます。
なので、ミックスといっていますが実際は「編集&加工」の作業も含まれているということですね。

ここまでで、ステレオ2chのミックス音源が出来上がるわけです。その後にマスタリングがまっています。


で、それぞれについてもう少し掘り下げてみると、「レコーディングは録音するだけなら、誰がやってもそんなに変わらないってこと??」っていうと、いやいや全然ちがいます!

まずは楽器のセッティング。
曲が求める音が出るように、プレイヤー等と一緒に追求していきます。

そして、マイキング(マイクをセッティングすること)。
特にドラムは10本以上もマイクを使うので、どんなマイクをどんな位置に設定するかで、本当に音が変わってきます。
マイクというのは、機種ごとに相当音が違います。エンジニアはその違いを熟知して、セッティングしています。
そしてマイクの音をそのまま録音するわけではなく、多くの場合はいくつかの機材を通して録音します。
この機材(プリアンプやコンプレッサー等)のセレクトや設定も本当に知識とスキルが必要です。

ギターもギターアンプの前にマイクをたてて録音するのですが、マイクの種類だったり置く位置によって音は全然変わってしまいます。なので実際に音を録りながら微調整をしていきます。

ちなみに、「一発録り」と言うことばがありますが、これは2つの意味で使われている気がします。

・みんな「せーの」で録音して、一発でOK!
・みんな「せーの」で録音するけど、何テイクかとって編集する。

おそらく一般のリスナーの方がイメージしてる「一発録り」って前者のイメージが強い気がします。
が、「一発録り」と言われてる場合の多くは、後者なんじゃないかなと思います。
ピロカルピンも後者ですね(ギターをあとからかぶせたり、Voは別途録りなおしたりします。)

え?みんな一緒にとるのが当たり前なんじゃないの?って思われる人もいると思いますが、ドラム→ベース→ギター→VOと順番に一つずつ録音していくケースは非常に多いのです。

一緒に録音するとバンド感がでますし、別々に録音するとカチッとするってかんじでしょうか。
バンドものはやっぱろ一斉にとるのが雰囲気はいい気がしますね。

でも、そこで問題になってくるのがスタジオの問題です。
一斉に録音するといっても、音はそれぞれのパートごとに別のトラックに録音したいわけです。
そうなると、それぞれの楽器ごとに仕切られたブースが、いくつか必要になってくるわけですね。
バンド録音となると、そういった部屋が4つは必要ということになります。(ドラム、ベース、ギター、VO)
そうなると何が問題かというと、ブースがたくさんあるスタジオは値段が高い!ということです(笑)

小規模なスタジオではブースが一つというスタジオもたくさんあって、3~8万/日で借りられたりします。
それが4部屋(メインフロア+3ブース)となると、10万〜30万/日とするわけですね。

まあ、それでも一斉に録音する場合は、バラバラにとるより時間は短縮されるし、何よりもバンドっぽい空気で録れるので、ピロカルピンの流通盤ではそのような方法でとっています。

さて、だいぶ長くなってしまったので、一旦区切りたいですが、レコーディング時のエンジニアさんの仕事として、あまりフォーカスされてないけど意外に重要な仕事があります。
それは、何がOKかを判断するということです。
もちろん、OKの判断は、プロデューサーだったりディレクターだったり、メンバーだったり、みんなの意見があるわけですが、エンジニアさんの意見はかなり重要です。
ここがエンジニアさんの経験の差が如実に出るわけですね。
プレイの良し悪しだけでなく、そのごの編集も踏まえた上での判断というのも必要になってくるので、かなり重要なわけです。

そうこうやって、まずいい素材をしっかりと録音していくわけですね。
それで、素材がそろったらミックスの作業に入っていくわけです。

ミックスについてはまた次回ですね。
ではでは!







スポンサーサイト
2016.09.12 Mon l ピロカルピン l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://pirokalpin.blog42.fc2.com/tb.php/282-94b0b654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。