上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ピロカルピンのお客さんは、普通のロックバンドと比べていろいろ特徴があるかなーって思いますが、その中に「親子で聴いてくださる方」が結構いらっしゃるなーって思っています。

ロックバンドで世代を超えて愛されてるバンドは多くあると思いますが、大体は昔から有名で、長い間活動しているバンドなのかなって思います。若い頃ファンだった人たちが親になって、子供に伝えたり、子供がたまたま気に入ったのを、「実はそれ私も好きなんだよ」ってなるパターン。

もちろん、そのバンドそのものが普遍的なものをもっていて、今デビューしたとしても両方の世代にアピールできるものがあるというバンドもあると思います。例えばスピッツとか。

でもやっぱりピロカルピンのように、そこまでメジャーなわけでもないのに、親子のファンが結構いるパターンってのは割と珍しいのかなって思います。特にロックバンドとしては。
親と子が同時期に知って、同時期に気に入ってくれるわけですからね。

ピロカルピンは、ギターロックバンドという性格上、10代〜20代の邦ロック好きの人が聴いてくれるのは、まあ順当なところなのかなとは思うのですが、30代以上のロック好きの方も多く聴いてくださっているなって感じています。

要因はいろいろあると思うのですが
・時代に影響されないエバーグリーンな楽曲
・スッと入ってくる松木のボーカル・メロディ
・松木の純文学を感じさせる歌詞
・往年の洋楽ロックに影響を受けた楽器アレンジ
などなど

アレンジにおいては、パッと聴きはスッと入ってくるように心掛けています。いや、心掛けているというか、松木のボーカルが何をしても抜けてくるので、とくに意識しなくても松木の歌がまず、パッと入ってくるようになっているんですけどね。
とはいえ、いくら松木のボーカルが抜けてくるとはいえ、さすがに他の楽器が轟音では埋もれてしまうので、バランスは気をつけていますけどね。

パッと聴きはスッと入るようなものは目指していますが、楽器の演奏に耳をやった時に、新たな発見やこだわりが感じられるようにも意識しています。意識しているというかそうしたいんだけなんですけどね(笑)
ボーカルを抜きでも十分聴き応えがあるものを目指しています。
それにボーカルが乗っかって、さらなる相乗効果を産むようなそんなものを目指しています。
ボーカルのために場所を空けておくなんて、大人なことはあんまり考えてません(笑)
この辺は僕の考えるロック・ポップス論にも通ずるところがあるかもしれませんので詳しくはまた。。

楽器のアレンジなんかは、僕がやっぱり往年の洋楽ロックに影響を受けていることから、親世代の人のシンパシーを呼んでいるのかなって思います。
そういう洋楽ロックで育った人たちからも評価をされるのはとても嬉しいことです。
(もちろん新しいものも積極的に取り入れる気持ちも忘れてないですよ!)

なんか全然分析できてないし、どうまとめていいかもわからなくなってきたので、ピロカルピンは懐かしさと新しさを内在しているから、両方の世代に受け入れられるのかな?っと強引にまとめておきます(笑)

ピロカルピンが親子の会話の架け橋になったり、実際に一緒にライブに行ったりとそういう役に立てれるとしたら、それはとても嬉しいことですね。
目指せ親子3代!(笑)


◼︎ピロカルピン2ndフルアルバム「a new philosophy」好評発売中!
philosophy.jpg
自主レーベルを立ち上げ、バンドの10年の歴史を凝縮したフルアルバムをリリース!
業界初の試みとしてアルバム全曲のハイレゾ音源DLカードを封入!
1.BE FREE 2.箱庭の世界 3.ワンダーワールド 4.南十字星 5.君に魔法 6.波の音 7.夢から醒めた夢 8.ミステリーツアー 9.黒い雨傘 10.夕闇の星 11.夏の大三革命 12.グッバイアクアリウム
品番 : DQC-1489 
価格:¥2,750(税抜)
発売元:miracle oasis music / スペースシャワーミュージック
販売元:㈱スペースシャワーネットワーク

LIVE INFO
◼︎2015.10.17 新栄APOLLO BASE
スロウハイツと太陽pre「水中の記憶02」
open/start 18:00/18:30

出演:
スロウハイツと太陽
BURNOUT SYNDROMES
ピロカルピン
and more…

前売り ¥2500
当日 ¥3000

チケットぴあ Pコード:275-198
ローソンチケット Lコード:42198
イーブラス
バンド予約:ライブ予約ページにて取置きを承っています。







スポンサーサイト
2015.10.09 Fri l ピロカルピン l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://pirokalpin.blog42.fc2.com/tb.php/264-8c79ea59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。