FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
もう10年以上バンド活動をして250本以上のライブをしてきていますが、未だにライブハウスというものに一種の敷居を感じたりしています。

これだけライブをやってきている僕でさえそうなのですから、普通の人はもっと敷居を感じているんじゃないでしょうか。

今後ライブハウス、ライブシーンがどうあるべきか、なんて偉そうな口上を垂れる気はありませんが、こうあってほしいなあ、こうあったらいいのになあってのを何回かに分けてツラツラ書いていってみようかななんて思います。

やっぱり長年中にいると、外から見てわからないことがわからないってことがあるんですよね。
ライブハウスのスタッフと話していて、「前、対バンのイベントで、お客さんから『◯◯を見たいんですけど、他のバンドの時はどうしたらいいんですか?』って聞かれて、『全部同じ値段で見れますよ』って言ったらすごい驚いてて、びっくりした」という話を聞いたのですが、みなさんはスタッフ側ですか?お客さん側ですか?

僕からしたら「対バン」なんてシステム、普通の人はわからないですよねって話です。
こんな基本的なところから始まって、ライブハウスには敷居が結構あるように思えます。

まず、上記の対バンの件もそうなんですが、料金システムがよくわかんないですよね(笑)

まず最初に「ドリンク代」。
「僕はドリンクいらないので」って受付で言う方もたまにいらっしゃるそうですが、言いたくなる気持ちはわかります。
これは法律的にライブハウスは飲食業扱いになるため、致し方ないのですが、ドリンク代「500~600円もとられて、これか・・・」ってのは思いますよね。

ライブハウスの運営は厳しくて一部の人気のイベント以外はチケット代だけではまかなうのは厳しいのでドリンク代が重要な収入源になっているのはわかるのですが、今の時代、5-600円とられてあれでは、なんかすごい損した気分ですよね。
事情をわかってる身としては、理解はできるですが、名目が「ドリンク代」となってるから損した気分になるんでしょうね。仕組上ドリンク代をとらないという訳にはいかないのでしょうが、初めての人にもわかりやすい説明とかあるといいですよね。あとは、「ドリンク代300円+設備維持費」みたいな感じにするとか。
でもその場合、設備維持費はチケット代に含んだ方がいいような気もします。

正直を言うと、ドリンク代をチケット代に含めると、見た目のチケット代が高くなるので売る側としてはつらい面もありますけどね。でも結局はあとから貰ってるわけですから。。
チケット代とドリンク代では収益の配分が違うとか(ドリンク代は100%店側になる)とかあると思うんですが、それは内部で調整すればいい問題で。

あとは、ペットボトルの水を頼もうが、ビールだろうが同じ値段というのも納得はいかないですよね(笑)
法律上仕方なくとるのであれば水は200円とかでもいいじゃないって思うわけで。
わかりますよ、それじゃあ経営が成り立たないって意見も。
でも、そういうところで水を500円とかで売っちゃうと、お客さんとしてはボラれてる気分になってしまうし、他の部分でもボラれてるんじゃないかって感覚になってしまいますよね。

それに、水ではなんか損した気分になるから、お酒をたのむとカップで出てきて、立ち見なのにカップを片手に持ちながら見るのも邪魔だし、飲み終わったカップも置き場がなかったりと、なんだかなあと(笑)
それに僕はライブ見る時、お酒はあんまり飲みたいとは思わないのですよね〜。

ライブハウスにはあれだけの機材が揃っているので、まだ「設備維持費」とかでとられたほうが納得行く気はします。
(ドリンク代は仕組み上とらなきゃいけないので、ドリンク代は適正な値段にして、足りない分を設備維持費としてとるという意味ね)

もう「ドリンク代」だけで長くなってしまいそうなので、今日はここまで(笑)

まあ、ようするにお客さんにわかりやすく納得できるように説明してくださいよって話ですね。
多分このようなことは、よくライブハウスに来てるお客さんは理解していることと思うのですが、初めての人に親切じゃないってことなんだろうって思います。

なんか批判的な感じになってきてしまっていますが、別にライブハウスを批判したい訳じゃないです。多くのバンドにとってライブハウスは貴重な発表の場であるわけですから、来てくれるお客さんにも満足してもらえる場であってほしいと思うわけです。

次回は何について書こうかな、タイバン形式やチケットの取り置きとかかな?
その時の勢いで(笑)


◼︎ピロカルピン2ndフルアルバム「a new philosophy」好評発売中!
philosophy.jpg
自主レーベルを立ち上げ、バンドの10年の歴史を凝縮したフルアルバムをリリース!
業界初の試みとしてアルバム全曲のハイレゾ音源DLカードを封入!
1.BE FREE 2.箱庭の世界 3.ワンダーワールド 4.南十字星 5.君に魔法 6.波の音 7.夢から醒めた夢 8.ミステリーツアー 9.黒い雨傘 10.夕闇の星 11.夏の大三革命 12.グッバイアクアリウム
品番 : DQC-1489 
価格:¥2,750(税抜)
発売元:miracle oasis music / スペースシャワーミュージック
販売元:㈱スペースシャワーネットワーク




スポンサーサイト
2015.10.22 Thu l ピロカルピン l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://pirokalpin.blog42.fc2.com/tb.php/262-9c08bdd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。