上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
UPCH1876.jpg

『蜃気楼』もう聴いていただけましたでしょうか?

今回の『蜃気楼』ですが、これまでの作品に比べて「音圧」が低めになっています(ピロカルピン比)。今迄の曲と並べて聞くと『蜃気楼』の曲は少し迫力がないというか、音が小さめにきこえるかもしれません。(自動でボリュームを調整する機能が付いている場合はあまり関係ないかもしれません)

結論から言うと、これまでの作品よりボリュームを少し上げ目で聴いてもらいたいということです。

音圧とはなんぞやということですが、音楽制作をちょっとやったことがあったり、ちょっとオーディオの知識がある人なら何度と聞いたことがある言葉だと思います。

CDに入れられる最大音量は決まっていますので、大きな音があるとその音を最大値として調整しなければなりません。一部だけ大きな音があると他の音が小さく収録されてしまいます。大きな音を圧縮することによって、その分全体のボリュームを上げることができるわけです。

それをどんどんやっていくと、大きな音と小さな音の差がなくなっていき、音が圧縮されていくわけです。その分ボリュームが上げられるので、CDに収録できる最大音量付近で全ての音が鳴るような感じになっていきます。
この辺は説明がやや専門的になってくるので、興味がある人は調べてみて下さい。

で、もの凄く大雑把にいうと音圧が高いと、パッと聴き、派手でかっこよく聴こえるのです。特にロック系では、全ての音が耳に張り付いてきて、目の前で演奏されてるような格好良さがでます。

じゃあ、音圧が高い方がいいじゃんってなるかといえばそうでもない。「パッと聴き」というところがポイント。
音圧が高い音はダイナミクス(小さい音と大きい音の差)が小さく、繊細な表現が潰されてしまうし、何よりも耳が聴き疲れをします。過渡な場合は、音圧のせいで一曲通して聴くのさえ辛いということがあります。

逆に音圧が低いというか適正な(ダイナミクスを犠牲にしていない)ものは、パッと聴きは地味に聴こえますが、ボリュームをあげていくと、自分がバンドの中にいるようなそんな錯覚さえするサラウンド感が得られ、尚かつ、聴き疲れもしにくいのです。

音源を作っている側は、その音が一番よく聴こえる状態で出したいと思うのが当然のことです。が、その一方で、リスナーが聴いた時に、「あれ?なんかショボクない?」って思われたくもないのも事実です。

一つの作品を通して聴く場合、その作品にあった適性な音量に合わせて聴けばいいので、そんなことは気にしなくてもいいのですが、同じ条件で他の曲と聴き比べられることを考えると、どうしても上記のような発想が生まれてしまいます。

その競争が過渡になって、音圧競争という弊害を生みました。この辺は、「音圧競争」とかで検索してもらうと色々出てくるので、そちらに譲ります。


という流れからくると、音圧が高いのがよくないみたいに見えますが、そういうことじゃないです。
「過渡なもの」がよくないだけです。実際僕も、音圧が高めのもののが好きです。若干過渡なものも結構好きです。余裕のない感じが、ヒリヒリしたものを感じで、かっこいいと思います。(曲によるけどね)


というところを踏まえまして、今回の『蜃気楼』は以前の作品よりも音圧は低めです。細かいニュアンスも感じてもらいたい、何度も聴いてもらいたい、という気持ちもこもっての事です。

なのでぜひ、これ迄の作品よりも、ボリュームを少し上げ目で聴いてみて下さい。
音に包まれる様な感じを感じてもらえるかと思います!


ちなみに僕の場合はiPhoneで2目盛りくらい上にしてちょうどいい感じがします。(もちろん個人の自由ですので、自己責任で。ボリュームの上げ過ぎはダメよw)


こういうことって、ファイルベースの音楽が普及する前はあまり気にならなかったことなんですよね。シャッフルで他のアーティストの音と比べられちゃうから気になるという。まあ、僕もシャッフルしてますから、批判なんてできないですけどねw

バンドが感じている音を一番共有できるのはライブかもしれないですね。ということで是非ライブに!

似たような話で曲の「テンポ」なんかもあります。
これはまた次回!





スポンサーサイト
2012.05.31 Thu l ピロカルピン l コメント (9) トラックバック (0) l top

コメント

プラネタリウム!
しんじろーさん、こんにちは!

私はオーディオマニアじゃないので難しいことはわかりませんが、
ウォークマンで大音量で聴いていますよ。

まるでプラネタリウムで宮沢賢治の詩の朗読を聴いてるようです。
勿論、朗読しているのは松木さん。
松木さんの、シンの強そうなボリューム感のある歌声に、満天の星空のようなギターサウンドが響き渡ります。

正直なところ、音圧に関係しているかどうか、わかりませんが、松木さんのボーカルの微妙なニュアンスが伝わって来て、ゾクゾクします。

ところで、私はアメブロだけでなく、会社用とプライベート用の2つのFaceBookのアカウントを使用して、ピロカルピン『蜃気楼』のプロモーションを行っています。
ちょっとアメブロでのプロモーションはまどろっこしい内容になってしまいましたが、FaceBookではサラッとわかりやすくプロモーションをしました。
しかしなかなか「いいね!」がつきませんでした。

んが!本日待望の「いいね!」が会社用のFaceBookにつきました。
「いいね!」をつけたのは、ニューオーダーを神とする会社の部下(と言っても職場が違いますが)でした。
彼とは、ザ・スミスを神とする私と嗜好が似ています。
二人ともマンチェスターが大好き(行ったことないけど)、
しかしサッカーの「ユナイテッド」はそんなでもない(そもそもサッカーのこと知らないけど)、
そして「エレクトロニック」もそんなでもない、
ところまで似ています。

「貸してくれ」と来たので、
「買え!買え!」と返しておきました。

こうして少しずつ、地道にピロカルピンのファンが増えて行くといいなあ。

私も頑張りますので、
しんじろーさんも「ミュージックステーション」出演を目指して、頑張ってくださいね。

スミスがそうであったように、インディーズからスタートして、ワールドワイドに活躍されることを願っています。
ピロカルピンの音楽は決して一部のマニアのための音楽ではなく、メジャーになれる音楽だと思っています!


2012.05.31 Thu l のん(千葉). URL l 編集
トリセツ
なるほど、謎が解けたという感じです。
確かにボリューム2目盛上げて聴いてます。
サクサクのエンディングのPVが音的に少し大人しいなと感じてましたが、音圧のせいだったんですね。
このようなトリセツ話はCDを楽しむ上で大変参考になりますので、今後もよろしくお願します(^_^)
2012.05.31 Thu l ワカバ. URL l 編集
No title
わかりやすい解説ありがとうございます
ブルーハーツのTRAIN-TRAINやリンダリンダも、出だしのブルースのようなイントロも音量小さめなんですが音圧を意識してるってことですかね
20年も前の曲なのでわかりませんが・・w

ライブではロックロックした音と繊細な声・演奏が聴けるということですね!
以前、しんじろーさんが、「生音と収録した音と違う」とおっしゃってたと思いますが、やっぱりCDもいいけどライブで直接聞きたい曲ばかりです
この記事読んでから更に思いました
2012.06.01 Fri l nanashi. URL l 編集
なるほどです
こんにちは、いつもCDを聴かせてもらっています。
今回の記事、わたしも「謎がとけたー!」という感じです!!
音楽の理論的なことは全くわからない、いちリスナーなので見当違いがあるかもしれませんがお許し下さい。

新譜の蜃気楼についてはしんじろーさんのおっしゃるようなショボイなんてことは全く思わず、すごい深みがあるなあ~メリハリあってカッコよく心地いい音だなあ~と思って聴いていましたよ~。
ボリュームは自分に合うところまで上げますので大丈夫です。

謎が解けた、というのは今までのCD収録曲についてなんですけど曲によってはわたしの持ってるイヤホンだと音が割れてしまうのでした;;
具体的に言うと、
虹の彼方の ♪負けるはずないのだから だから♪
の辺りや
最終走者の ♪ああ きっかけはいつでもここから♪
の辺りなどです。
好きな曲の盛り上がり部分に限って「ううう耳が」と。

ずーっとわたしの耳が悪いのかなあ・・・イヤホンの性能が悪いのかなあ・・・
って悩んできたのでした(笑)
でも蜃気楼は全くそういうことがなかったので
今回のお話に多少は関係しているのかも、と思って勇気を出して書き込ませていただきました。

これからもこの音で聴きたいです。
ショボくない、カッコイイ音ですよ~~!!

2012.06.03 Sun l 薄荷. URL l 編集
TSUTAYAレンタル 週間ランキング第9位!
私のブログにも書きましたが、
『蜃気楼』が千葉の近所のTSUTAYAで、
レンタル週間ランキング第9位!に輝いて、
ランキングの棚に並んでました。

グレート!

着実に認知度があがってますよ。

頑張ってください!
2012.06.08 Fri l のん(千葉). URL l 編集
Re: プラネタリウム!
のんさん>
コメントありがとうございます。
音圧は本当に難しい問題で、専門家でも意見はわかれるとこだと思います。
そもそも音楽が主観的なものである以上、絶対的な答えなんてないですからね。

宣伝ありがとうございます!
NEW ORDER僕も好きなので、そこが通じたんでしょうかねw
CDは買っていただけると嬉しいですが、先ずはなによりも、聴いていただけることが嬉しいですから、興味があるって人にはガンガンきかせちゃってください!
レンタル9位も嬉しいです!
2012.06.08 Fri l しんじろー@ピロカルピン. URL l 編集
Re: トリセツ
ワカバさん>
コメントありがとうございます。
音圧は本当に難しいんですよね。TVの場合はまたそれとは違った問題もあったり。。
またなんかTIPS的なことがあれば書いて行きますね!
2012.06.08 Fri l しんじろー@ピロカルピン. URL l 編集
Re: なるほどです
薄荷さん>
コメントありがとうございます!
音圧問題はなかなか難しいですね。
これからも良いものになるようにがんばります!
2012.06.08 Fri l しんじろー@ピロカルピン. URL l 編集
Re: No title
nanashiさん>
コメントありがとうございます!
やっぱりライブは音量もダイナミクスもありますから、ライブでしか体験できない音ってのはあるんですよね。
ぜひぜひ機会あればよろしくお願いします!
2012.06.08 Fri l しんじろー@ピロカルピン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://pirokalpin.blog42.fc2.com/tb.php/185-ebc0278a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。